大きくする 標準 小さくする

ブロック派遣審判員について

2016/03/31

ブロック派遣審判員について
14ブロック審判部

 ブロック派遣審判員とは、14ブロックにおける各種大会の最終日(決勝リーグ、決勝トーナメント)の審判を担当して頂く審判員のことです。
 大会レベル、審判技術によって主審、副審、第4審判の役割が限定される場合もありますが、審判技術向上研修等により、全ての大会にて主審が割り当てられるよう育成していきます。
 【ブロック派遣審判員に対する育成】
  ・年数回、座学と実技研修を行なう
    座学:競技規則の理解度向上
    座学:ビデオによるレフリングの確認
    座学:都少年連盟審判部、都協会審判部からの情報展開
    実技:少年より上のカテゴリ(ジュニアユースTRM等)での体験
  ・大会での審判に対するアセスメントの実施
  ・審判技術確認のためのビデオ撮影、分析

 ブロック審判に協力して頂ける方、審判技術の向上を図りたい方、老若男女、等級は問いませんので、是非とも「ブロック派遣審判員登録申込」より登録申請をお願いします。

 尚、2015年度までに登録済の審判員の方は、改めて登録していただく必要はございません。